ショッピング中、手持ちのお金がない場合はデビットカードを使う

デビットカードの使い方ですが、基本的な考え方としては、自分の銀行口座にある預金から直接お金を支払うというイメージを持っていればよいでしょう。同じカード支払いでも、クレジットカードとは使い方は似ているものの考え方が異なります。
クレジットカードの場合は、確かに最終的には自分の銀行口座から引き落とされるわけですが、一時的にクレジットカード会社に立て替えてもらうという点が大きく異なります。そのため、もしも自分の銀行口座にその時点で余裕がなくても、ある程度までの金額であれば、立て替えてもらうことができてしまうのです。これはメリットにもなりますが、デメリットにもなりえます。つまり、預金が足りていなくてもとりあえず物が手に入る反面、結局のところは自分には支払えないような物まで買ってしまうリスクもあるわけです。
デビットカードの場合はそういうことがありません。使った瞬間に預金から直接引き落とされるのですから、預金額までは買い物ができても、それ以上の買い物はできません。そういう意味では、まさに現金感覚そのものです。ショッピングの最中、手持ちのお金がない場合には、デビットカードを使うというのは賢い方法だといえます。手持ちのお金がないだけで、銀行にはあるお金を使うのですから、基本的に自分が支払えないような高額の買い物をしてしまう心配がありません。
また、クレジットカードとは違って申し込みに審査がないというのもメリットです。