オリックス銀行のカードローンに落ちた!?審査では安定した収入が鍵になる

オリックス銀行のカードローン審査の大きな特徴は、とにかく安定した収入を得ていることです。例えば年収的には決して高くない正社員と、高い年収を得ている自営業の人とでは、正社員の方が高く評価されることになります。その代わりに、利用限度額は300万円までは所得証明は不要となります。この点に注意していなければ、審査にも落ちることになります。というのも、安定した収入を得ていることを確認するために、職場への在籍確認をすることになります。これを避けるようにしていたのでは、審査は当然ながら通らなくなります。他の銀行のカードローンの審査で落ちた人がオリックス銀行では通るという話はありますが、これはあくまでも勤務先の確認がきちんと取れている人の話です。たとえ十分な収入を得ていると自負していても、その点を理解していなければオリックス銀行の審査には通らないことになります。もちろん、借りたお金を返すことは当然のことですし、そのために必要とあれば職場のチェックを受けることは特に避ける必要がないことです。けれども無意識にとはいえ、在籍確認を取られるのを嫌がる心理としては、どこかで借金をきちんと返す自信の無さをあらわしているものと受け取れます。計画的にお金を借りて、きちんと返す意識があるのならば、定められた手続きをきちんと踏むことができるはずです。そのためには、オリックス銀行では安定した収入を得ていることを重視していることを理解することが大事です。
オリックス銀行カードローン審査のポイント【申し込み手順・時間・在籍確認】はこちら